1月ごろになると毎年流行するインフルエンザですが、いったいどこからインフルエンザ菌はやってくるのでしょうか?そんなインフルエンザの特徴と予防方法について詳しく解説してまいります。

インフルエンザに感染しないための方法

インフルエンザの季節が近づいてくると、予防接種を受けなければならないと、戦々恐々としている人も少なくないかもしれません。
実際、高齢になるとインフルエンザによって命の危険さえ生じることもありますので予防は大切です。ただ、予防接種は体内に免疫をつけるために菌を投与することになりますので、体が弱っている時、体調が優れない場合は控えたほうがいいでしょう。
自身の体と相談しながら時期を決めるようにしてください。
チョコレートの成分が予防に効果がある、と聞くこともありますし、ある種の栄養を摂っておくことも大切でしょう。
それには免疫細胞の働きを促進するものが含まれます。善玉菌を増やすためのヨーグルトも勧められています。
しかしなんと言ってもインフルエンザの予防に有効なのは、菌から自分の体を守ることです。流行する時期はできるなら外出は控えめにし、菌をもらわないようにしたいですね。
ただ、ほとんどの人はそういう訳にもいきませんので、外出する際にはマスクをします。マスクは喉の乾燥を防ぎますし、何より菌が体内に入るのを防ぎます。
家に帰る前に捨てられるのであれば、家の中に持ち込まないよう捨ててから帰ることも有効でしょう。
室内に戻ったならうがいと手洗いをすることが大切です。空気中には見えなくても大変な数の菌が漂っています。まずは石鹸で手を洗い、しっかりとうがいをしましょう。
また、普段から抵抗力をつけるために、適度な運動を心がけ、しっかり睡眠を取ることも重要です。温かい湯に浸かって体温を上げ、体が冷えないように助けてあげましょう。
強い体を作ることと、体を菌から守ることによって、インフルエンザにかからず元気に過ごせるようにしていきましょう。